ベンチャー企業やベンチャーキャピタルの情報をまとめたバーティカルメディアです。

【株式会社フェノックス・ベンチャーキャピタル・ジャパン】 米国フェノックス・ベンチャー・キャピタル、株式会社モンスター・ラボの7億円のラウンドに出資

前のページへ戻る

株式会社フェノックス・ベンチャーキャピタル・ジャパンのプレスリリース(2017.08.17)

株式会社フェノックス・ベンチャーキャピタル・ジャパン米国フェノックス・ベンチャー・キャピタル、株式会社モンスター・ラボの7億円のラウンドに出資Fenox Venture Capital (本社:米国シリコンバレー、 共同代表パートナー兼CEO:アニス・ウッザマン、 以下 「Fenox VC」) は、 Webサービス・アプリ開発等のサービス開発事業を手掛ける株式会社モンスター・ラボ ‎(本社:東京都目黒区、 代表取締役社長:いな川 宏樹、 以下:モンスター・ラボ) に、 出資いたしました。 今回のラウンドは、 海外展開を支援するFenox VCをはじめとし、 金融機関やベンチャーキャピタル等が参加しており、 第三者割当増資総額は約7億円となりますモンスター・ラボは、 今回調達した資金をもとに欧州・北米への展開を加速させ、 欧米企業の顧客網拡大を目指すとともに、 ローカライゼーションとデジタルマーケティングにおいて、 日本の国内企業の欧米展開を支援し、 また海外市場の先端テクノロジー、 プロダクト導入を実現します。 Fenox VCはその幅広いネットワークを活用し、 モンスター・ラボの米国のみならず東南アジア・南アジア諸国への進出をサポートします。

<モンスター・ラボ 代表取締役社長 いな川 宏樹氏のコメント>
「全世界に広がるFenox VCのグローバルネットワーク、 特にUSでのプレゼンスと、 バングラデシュでのネットワークが、 今回Fenox VCを投資家として選んだ大きな理由です。 今後のグローバル展開にあたって、 Fenoxのようなグローバルネットワークを持つVCとの連携は非常に有益だと考えています。 Fenox VCとの連携により、 欧米でのマーケット開拓、 およびアジア諸国での海外展開を加速していきたいと思います。 」

<Fenox VC 共同代表パートナー兼CEO アニス・ウッザマンのコメント>
「モンスター・ラボは、 日本生まれの企業でありながら、 グローバルで大きくビジネスを展開する企業です。 我々Fenox VCがもっている欧米とアジア諸国の幅広いネットワークを活用し、 今回モンスター・ラボが目標としている欧米企業からの受注拡大・日本企業の欧米展開・海外市場からのテクノロジー、 プロダクト導入などの実現に向けて貢献していきたいと思います。 」

■ 株式会社モンスター・ラボ グループ会社概要
国内150名、 海外550名のエンジニア・クリエイター集団として、 世界の最適な場所に最適なリソースを提供・活用する=グローバルソーシングを礎にWebサービス・アプリ開発等のサービス開発事業、 音楽サービス事業「モンスター・チャンネル」、 モバイルゲーム事業を世界7カ国14拠点(東京・大阪・松江・上海・北京・成都・青島・ハノイ・ダナン・シンガポール・ダッカ・セブ・マニラ・サンフランシスコ:2017年7月現在)で展開しています。
所在地: 東京都目黒区中目黒3-3-2 EGビル7F
URL : https://monstar-lab.com/
設立 : 2006年2月3日
代表者: 代表取締役社長 いな川 宏樹

■ Fenox Venture Capitalについて
Fenox VCは米国シリコンバレーに本社を構え、 これまでに世界で100社以上のスタートアップに投資を実施しているベンチャーキャピタルです。 主にIT、 ヘルスIT、 人工知能(AI)、 IoT、 ロボット、 ビッグデータ、 仮想現実(VR)/ 拡張現実(AR)、 フィンテック、 次世代ITテクノロジー分野を中心に投資実績があります。 日本では、 モバイル広告関連のメタップス、 フラッシュアニメスタジオDLEや、 EVバイクのテラモーターズ、 オンライン旅行サービスのエボラブルアジア、 家計簿サービスとクラウド会計ソフトのマネーフォワード、 モバイルヘルステクノロジー企業のFiNC等への投資を行い、 投資先企業の米国進出や東南アジア展開の支援等を行っています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です