ベンチャー企業やベンチャーキャピタルの情報をまとめたバーティカルメディアです。

「株式会社Business Hub」は「株式会社Lightblue Technology」へと社名を変更しました。

前のページへ戻る

株式会社Lightblue Technology として更なる成長を目指します。

株式会社Lightblue Technologyは、 AI技術を用いて社会の無駄を省くことで、 環境問題に貢献して行くことをミッションとしています。

AIサービスの受託開発を行う株式会社Business Hub(本社:東京都文京区、 代表:園田亜斗夢)は、 2019年2月1日より社名を「株式会社Lightblue Technology」(以下Lightblue Technology) )と変更いたします。

Lightblue Technologyは、 昨年10月に資金調達を完了以降、 オフィス移転と開発人材の採用の強化により大型プロジェクト受託の準備を進めてきました。
この度、 社名とロゴを一新すると共に、 引き続きAI人材の採用を強化し、 更なる成長を目指してまいります。

<社名とロゴの由来>
LLightblueの社名は、 東大のスクールカラーである淡青とAIの導入が進んでいない業界に対してAIの導入を促進するというブルー・オーシャン戦略に由来しています。

ロゴは、 淡青色を基調として,淡青色の海に航跡でLとBを描いている様子を表しています.世界に羽ばたくAI企業になることを目指します.

 

株式会社Lightblue Technologyでは、 食品工場におけるカメラを使用した異常検知などの画像認識から、 アパレル商品の画像からEC用の文章を作成するなどの自然言語処理の他、 データ解析による売上予測等を行ってきました。 さらに、 今後は交通量予測等の様々な分野のAI関連受託開発も予定しています。 またこの度の体制強化に合わせ、 工場に特化したIoTデバイスとアルゴリズムの自社開発も進めています。
 

東京大学院の現役学生が代表を務めるLightblue Technologyにはエンジニアとして東京大学院、 東京大学の学生が多く所属しており、 AIや機械学習の最先端の情報・技術にキャッチアップし、 その技術をプロジェクトに活用しています。

株式会社Lightblue Technologyは、 今後も製造業や食品業界などのますます人材不足が予想され、 自動化やAIの活用がより必要とされる分野において、 多くの企業の課題解決のお手伝いができるよう取り組んでまいります。

【 会社情報 】

◆株式会社Lightblue Technology
Lightblue Technologyは2018年1月に現役東大生を中心として設立された会社です。 無駄を無くすことで「シロクマを助けたい」をミッションとして掲げ、 AI技術による価値の創造を行なっています。 具体的には、 個々がアカデミアの背景で培ってきた知識や経験を用い、 機械学習を活用した企業向けサービスの開発に取り組んでいます。

代表:園田亜斗夢、 川満昭英
本社:東京都文京区本郷7−2−11-806
電話:03-6801-8247
設立:2018年1月
HP: https://www.businesshub.jp/
問い合わせ先:ai@businesshub.jp