ベンチャー企業やベンチャーキャピタルの情報をまとめたバーティカルメディアです。

投資専業子会社Showcase Capitalがサブスクリプションビジネス支援ソリューションを提供するビープラッツ社との資本提携を実施

前のページへ戻る

投資専業子会社Showcase Capitalがサブスクリプションビジネス支援ソリューションを提供するビープラッツ社との資本提携を実施この度、 株式会社ショーケース・ティービー(東京都港区赤坂、 代表取締役社長:森 雅弘 以下、 当社)の子会社で、 ベンチャーキャピタル事業を行う株式会社Showcase Capital(東京都港区赤坂、 代表取締役: 永田 豊志 以下、 ショーケースキャピタル)は、 サブスクリプション(月額課金形態)でビジネスを行う事業者の支援を可能とした統合プラットフォームを提供するビープラッツ株式会社(東京都千代田区、 代表取締役社長:藤田 健治 以下、 ビープラッツ社)との資本提携を実施いたしましたのでお知らせいたします。

■ビープラッツ社について
近年、 モバイルやクラウドサービスの著しい成長、 MVNOなど規制緩和による通信/電気/ガスなどの公共サービスの自由化により、 売切りではないサブスクリプション(月額課金形態)のビジネスモデルが増加しています。
こうしたサブスクリプションビジネスにおいては、 事業者が売り手でもあり買い手にもなるという非常に複雑な売買モデルが必要とされ、 また、 申込・契約管理・プラン変更・料金計算・請求といった特有のニーズも発生し、 すべての要件をゼロから定義し構築することはかなりの困難と莫大な手間が伴います。
ビープラッツ社は、 「サブスクリプション」という言葉が生まれる前から10年以上に渡ってこの領域に取り組んでおり、 事業者様はビープラッツ社が提供する「Bplats(R) Platform Edition」や「Bplats(R) Channel Edition」などのサービスを利用することによって、 複雑な売買モデルも上流から下流まで1つのプラットフォームで効率的に構築・管理することが可能となります。

<Bplats(R) Platform Editionのサービスモデル>

<Bplats(R) Channel Editionのサービスモデル>

■大手企業が続々と採用するサブスクリプションビジネスのプラットフォーム
企業や個人においても、 モノの所有から利用へと大きなシフトチェンジが行われており、 今後あらゆるビジネスにおいて、 サブスクリプションの重要性が増していくと考えられます。
すでに、 世界の産業を牽引するメーカーを中心とした多くの大手企業が、 続々と同システムを導入してサブスクリプションビジネスを展開しており、 今後さらなる飛躍が期待できます。

■ビープラッツ社とのシナジーについて
当社では、 これまで10年以上に渡ってマーケティング支援のクラウドサービスを伸ばしてまいりました。 今回の投資子会社を通じたビープラッツ社への投資により、 今後は当社もビープラッツ社の販売パートナーとして、 当社の保有する特許技術やマーケティングノウハウなどを同社へ提供し、 同システムの付加価値向上と顧客満足度向上を支援していきます。

■ビープラッツ株式会社の概要
商号    : ビープラッツ株式会社
事業内容  : 「サブスクリプションをすべてのビジネスに」というミッションの
もと、 IoT(Internet of Things)」、 「クラウド」、
「テレコム(通信)」 を主要事業領域として、 サブスクリプション
ビジネスを展開する事業者を支援する、 統合プラットフォームを提供
本店所在地 : 東京都千代田区内神田3-2-8
代表者   : 藤田 健治
資本金   : 5億7460万円(資本準備金を含む)
URL     : https://www.bplats.co.jp/

■【株式会社ショーケース・ティービー 会社概要】東証1部 証券コード:3909
・本社所在地   :東京都港区赤坂3-21-13 昭栄赤坂ビル4F
・代表取締役社長 :森 雅弘
・設立      :1996年2月1日
・事業内容    :Webサイト最適化技術により成約率を高める
「ナビキャストシリーズ」の提供およびDMPを活用した
Webマーケティング支援、 AIを活用したデータマーケティング支援
・URL        : http://www.showcase-tv.com
リリースの詳細について

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000057.000003483.html

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です